麻酔のお話③歯根膜注射

今回は、歯根膜注射についてお話します。

〜歯の治療に欠かせない局所麻酔のおはなし〜

歯根膜注射とは・・・・

歯根膜注射は伝達麻酔や浸潤麻酔と同じく局所麻酔の一種です。
歯根(歯の根っこ)を取り巻く靭帯「歯根膜」に麻酔薬を注入し、染み込ませます。
浸潤麻酔がなかなか効かない時に追加の麻酔としてよく使われ、 神経に届きやすくスムーズに効いていくのが特徴です。

治療後は、噛むと違和感が残ったり、 歯の周りの細菌を針や麻酔薬で歯茎に押し込んで軽い炎症が起きたりしますが、 数日で治るので安心して治療をお受けください。

〜歯科治療恐怖症の方へ
「理由は分からないけど歯医者が怖い…」
「歯医者に行くと逃げたくなってしまう…」
「治療をしようとしたら緊張して脂汗が出てくる…」
「震えがとまらない…」
「動悸が激しくなってしまう…」

これらはいわゆる「歯科(治療)恐怖症」と呼ばれる方の代表的な症状です。

歯科(治療)恐怖症とは、過去の歯医者での経験がトラウマになって、体や心が過剰に拒否反応を起こすような状態になっていることをいいます。
そしてこのような症状をお持ちの方は、実際には少なくありません。
当院では歯科恐怖症の方や嘔吐反射が強い方でも歯科治療が受けられる鎮静法や全身麻酔法を提案しています。
このような症状でお悩みの方は、治療を受ける前に是非ご相談ください。

渋谷駅宮益坂方面出口より徒歩5分の【みさき歯科医院】では、 歯科麻酔医認定医であり、日本大学歯学部麻酔学の元准教授 見崎 徹 が診療にあたっています。

お口のことでお困りのことがございましたら、なんなりとご相談ください。

PAGE TOP